イソフラボンの副作用は?

イソフラボンを普通に摂取するだけであれば、副作用が出てしまうということはまずありません。

 

イソフラボンというのは、エストロゲンという女性ホルモンに似ている作用があることから、更年期障害だけではなく、動脈硬化や骨粗鬆症に対しても、効果があるといわれています。

 

これ以外にも、前立腺がんや乳がんの予防効果もあるといわれていますから、普段からイソフラボンを摂取するために、大豆製品を食べるようにしたいところです。

 

納豆や豆腐、豆乳などといった大豆が使われている製品というのは、日本人にとってなじみのある食品ですから積極的に食べるようにしましょう。

 

副作用の心配はないのですが、過剰摂取をしてしまうと体に悪影響を及ぼすこともあります。ですから、イソフラボンのサプリを摂取する時には、必要以上に摂取しすぎないようにしなくてはなりません。

 

食品安全委員会の発表では、大豆イソフラボンを1日70〜75r程度摂取するのが望ましいとされています。

 

あまり大豆イソフラボンを大量に摂取してしまうと、反対に乳がんの原因になりかねないとされていますから、摂り過ぎないようにしましょう。

 

食事からイソフラボンを摂取するのであれば、普通に食べるくらいならば過剰摂取をすることはないですから安心をしてください。